コンテンツにスキップ

カメラ

カメラに関する設定をおこないます。

トランスフォーム

カメラブックマーク

カメラの[位置][回転][スケール]を保存し、素早くトランスフォームを切り替えることができます。

ShotBoothではシーンを構築して、様々なアングルを模索して最終的にレンダリングする構図を決めます。 カメラブックマークを使用すると手軽に位置情報を保存できるため、構図決めのイテレーション速度を上げ、よりよい絵作りが実現できるようになります。

カメラブックマークはプリセットに保存されるので、レンダリング解像度の異なるカメラを同じ位置に配置する場合にも便利です。

  • +アイコンをクリックすると、リストにブックマークを作成します。
  • -アイコンをクリックすると、リストからブックマークを削除します。
  • 行をクリックすると、ブックマークしたトランスフォームを読み込みます。
  • ブックマーク名をクリックし、もう一度ブックマーク名をクリックするとインライン編集に切り替わります。

アイテム

カメラプロジェクション

カメラの投影方法を選択することができます。ShotBoothのカメラはレンズのミリ数のような一般的なカメラパラメータの他に、[プロジェクションタイプ]や[フォルムオフセット]のような作画に適した機能を備えています。

プロジェクションタイプ

プロジェクションタイプはCGならではの特殊なレンズ機能です。この機能を使用すると、手描きでは難しい曲線的なゆがんだ絵を容易に作成することができます。

[パースペクティブ]を使用すると、CGならではの正確なパースの絵を出力することができます。
[球面展開]を使用すると360°撮影した曲面的な絵を出力することができます。
[水平展開][垂直展開]を使用すると、水平垂直方向にゆがんだ絵を出力することができます。

描画パフォーマンスについて

[球面展開][水平展開][垂直展開]の描画は計算負荷が高いため、3Dビューポートのレスポンスが低下する場合があります。3Dビューポートでなめらかに表示するには高いグラフィック性能が必要です。

ラインの描画について

[球面展開][水平展開][垂直展開][レンズディストーション]を使用すると、細いラインが途切れて描画されてしまう場合があります。[球面展開][水平展開][垂直展開][レンズディストーション]はポストエフェクトを使用してピクセルを変形しているため、ラインが細い場合に線が途切れてしまう場合があります。
細い線が途切れてしまう場合は、ラインの[サイズ]を太く設定しなおしてください。

フォルムオフセット

フォルムオフセットを使用するとカメラの消失点をオフセットすることができます。 CGでは規則的に配置されたオブジェクトを正面から撮影する場合、パースの消失点がカメラの中心に来ます。[フォルムオフセット]を使用すると2D的に消失点の位置を変更することができます。

被写界深度

写真のようなリアルなぼけを表現することができます。 [焦点距離]を低くすると強くぼけます。[Fストップ値]を上げると、[絞り羽根の数]がぼけにあらわれやすくなります。

ブルーム

写真のようなリアルな明るい部分のにじみを表現することができます。 [スペキュラ]や[発光]などマテリアルの明るい部分を周辺ににじませることができます。

構図ガイド

構図やレイアウトを決めるためのガイドを表示する機能です。

構図ガイド

構図を決めるためのガイドを表示します。ShotBoothのカメラには、実際のカメラに搭載されている定番のガイドや、[アイレベル]のようにイラスト向けのガイドを表示することができます。

画像

イラストを読み込んで、イラストにあわせて3Dモデルを配置することができます。 例えば[前景画像]にキャラクターイラストを読み込んで、3D背景のレイアウトを決めたり、[背景画像]に背景イラストを読み込んで、3Dの小物のレイアウトを決めることができます。