コンテンツにスキップ

ShotBoothの画面構成

ShotBoothをインストールして最初に開くのがこの画面です。 ShotBoothはウィンドウごとに機能がわかれており、必要な作業を集中して行うことができるインターフェースになっています。

下の画像はインターフェースを要素ごとに番号で表したものです。それぞれの詳細について番号順に解説します。

1 メニュー

画面の上部にはメニューバーが表示されます。ShotBoothの多くの機能は、このメニューからアクセスすることができます。

  • メニューは機能ごとに分類されています。
  • メニューバーに並んでいる項目をクリックするとリストが開き、コマンドをクリックして実行することができます。
    メニューのコマンドの多くは、ボタンとして他のウィンドウに配置されています。
  • ショートカットが設定されているコマンドは、右側にキーが表示されます。

2 ツールバー

画面の上部にはツールバーが表示されます。 ツールバーにはShotBoothで使用頻度の高いコマンドやツールが配置されています。

  • ツールバーの左側はプロジェクトファイルと編集に関するボタンが配置されています。
  • ツールバーの中央は3Dビューポートでアイテムを操作するためのツールと、ツールのオプションボタンが配置されています。
  • ツールバーの右側は環境設定ボタンが配置されています。

3 ビルトインアセット ウィンドウ

画面左側にはビルトインアセットが表示されます。ShotBoothで使用する組み込みのアセット(モデルデータ)が表示されます。 ビルトインアセットを使用すると、プリミティブオブジェクト(基本形状)や高品質なアセットをダウンロードして使用することができます。

  • アセットはグループ(テーマ)ごとにわかれています。
  • グループアイコンをダブルクリックすると、アセットのプレビューが表示されます。
  • プレビューの右下にあるクラウドアイコンをクリックすると、Webサーバーと通信してデータをダウンロードすることができます。
  • ダウンロードしたアセットは3Dビューポートにドラッグアンドドロップして使用することができます。

4 3Dビューポート ウィンドウ

画面の中央には3Dビューポートが表示されます。3Dビューポートはモデルの配置、ライティング、カメラの構図を決めるのに使用します。ShotBoothを使用する上で、もっとも使用頻度が高いのがこのウィンドウです。

  • ShotBoothを起動すると、3Dビューポートにはカメラ、ライト、グリッドが表示されます。
  • グリッド(灰色の格子)は地面を表しています。グリッドがデフォルトの状態では、1つの小さなマスが1mを表しています。
    ShotBoothでは現実の世界に近い大きさのモデルを読み込んで使用してください。これは現実的な大きさのモデルを読み込んで使用したとき、適切に機能するようにデフォルトの値が設定されているためです。
  • マウス左ボタンをクリックすると、ビューポート内のアイテムを選択することができます。
    アイテムを選択すると、ツールハンドル(矢印)が表示されます。ツールハンドルをマウス左ボタン ドラッグすると、アイテムを移動することができます。
  • 左上のボタンをクリックしてビューポートの表示を切り替えることができます。
  • 左上2番目のボタンをクリックして、ビューポートのシェーディング方法を切り替えることができます。
  • 右上のボタンアイコンを使用して、ビューポートを移動、回転、ズーム操作することができます。

5 リスト ウィンドウ

画面の右上にはリストウィンドウがまとまっています。タブをクリックするとアイテムリスト、マテリアルリスト、ラインリスト、イメージリスト、レンダリング設定に切り替えることができます。

リストウィンドウの上部には、リスト内で管理可能なアイテムを読み込んだり、アイテムを作成するボタンが並んでいます。リストごとに管理するアイテムが異なります。リストでアイテムを選択するとプロパティウィンドウにアイテムに付随する機能が表示されます。

  • アイテムリストはシーンに配置するアイテムを管理します。
  • マテリアルリストはシーン内で使用されているマテリアルを管理します。
  • ラインリストは線画で使用する線の種類を管理します。
  • イメージリストはシーン内で使用されている画像を管理します。
  • レンダリング設定はファイルの出力先や、出力する画像に関する設定を行います。

6 プロパティ ウィンドウ

画面の右下にはプロパティが表示されます。これはアイテムの属性を編集するウィンドウです。リストウィンドウや3Dビューポートでアイテムを選択すると、アイテムの編集可能なパラメータを表示します。

属性の種類

属性には編集に適したインターフェースが用意されています。それぞれの属性について解説します。

インライン編集

インライン入力はリストのアイテム名を編集するインターフェースです。

  • アイテム名をクリックし、もう一度アイテム名をクリックするとインライン編集に切り替わります。

数値入力フィールド

数値入力フィールドは、数値を編集するためのインターフェースです。数値の入力欄と三角アイコンで示されるスライダーで構成されています。

  • 数値をクリックするとキーボードを使用して直接数値を入力することができます。
  • インターフェース右側のスライダーをドラッグすると数値を編集することができます。
    スライダーは左右、または上下方向にドラッグすることができます。スライダーをドラッグした場合の数値の変化量は、桁数に応じて変化します。
    Ctrl キーを押しながらスライダーをドラッグすると、数値の変化量が小さくなり、Shift キーを押しながらスライダーをドラッグすると、数値の変化量が大きくなります。

チェックボックス

チェックボックスは、クリックにより機能のONとOFFを切り替えるインターフェースです。

  • チェックマークが表示されているときは機能がONの状態です。
  • チェックマークが表示されていないときは機能がOFFの状態です。

ボタン

トグルボタン

単一ボタン

選択式ボタン

ボタンはコマンドを実行するインターフェースです。ボタンにはいくつか種類があります。

  • トグルボタンはクリックするとハイライト表示され、ツールやオプションがアクティブな状態をあらわします。
  • 単一ボタンはクリックしたタイミングでコマンドが実行されます。
  • 選択式ボタンは、ボタンのうち1つをアクティブにします。

ドロップダウンボタン



ドロップダウンボタンは、リストを表示してオプション機能を切り替えたり、コマンドを実行するインターフェースです。

  • ドロップダウンボタンをクリックするとリストが表示されます。変更したいリストの行を選んでクリックすると、ドロップダウンボタンのラベル名がクリックしたものに切り替わります。
  • 星アイコンはプリセットボタンです。プリセットボタンをクリックするとリストが表示されます。変更したいリストの行を選んでクリックすると、あらかじめ保存された数値を読み込むことができます。

カラー

カラーは色を編集するインターフェースです。

  • カラーをクリックするとカラーピッカーが表示されます。
  • カラーピッカーのグラデーション範囲をドラッグして色を編集します。

画面レイアウトの変更

ShotBoothは画面のレイアウトを自由に変更することができます。

  • タブをドラッグして好きな位置にドッキングすることができます。
  • 複数の3Dビューポートを同時に表示する場合は、ビューの数だけレンダリングが実行されます。4Kなど高解像度ディスプレイでフルスクリーン表示する場合は、高いグラフィック性能が必要です。